ワーキングホリデーの詳細お伝えします!

ワーキングホリデーは相手国・地域の青年に対して、それぞれの国や地域の文化、また、一般的な生活様式を理解してもらうことで2国間の理解を深めるのが目的です。

ワーキングホリデーのユニークなところ

ワーキングホリデーは協定国同士の若者がある程度、自由にお互いの国に渡航出来るように設けられた制度です。

ワーキングホリデーの協定を結んでいる国で一番有名なのはオーストラリアですが、韓国やイギリスなどにもワーキングホリデーを利用して渡航が可能です。

ワーキングホリデーで有名なのは歴史が長いからで、オーストラリアのワーキングホリデーはすでに30年の歴史があり、日本からオーストラリアを訪れる人も、またオーストラリアから日本へワーキングホリデーを利用して訪れている若者もいるのです。

ワーキングホリデーのユニークなところは、青年に限定されているというところで、ほとんどの国で18歳以上で30歳までの年齢制限があります。

働いて滞在資金を補えるというメリットがありますが、滞在資金が潤沢であれば訪れた国であえて働く必要はありません。

Theme author: http://thememotive.com. Engine: http://wordpress.org.